京セラソーラーFC野々市 資料請求お問合せ

太陽光発電とは

屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる 交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を 買ったり売ったりできるというしくみです。 昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は 必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。 ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることが出来るので、暮らしの中で 自然と省エネを意識することにつながります。

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組み

①太陽電池モジュール
太陽光から電池を作る
太陽の光を受けて効率よく電気をつくります。つくられた電気は家庭で使えるようにパワーコンディショナに送られます。

②接続ユニット
太陽電池モジュールからの配線を一つにまとめて、パワーコンディショナへ発電した電気を供給します。

③パワーコンディショナ
家庭で使える電力に変換する
太陽電池モジュールで発電された直流電力を、家庭で使える交流電力に変換。さらにシステム全体の運転を自動的に管理します。

④エコノナビット(ソーラー発電モニタ)
発電状況や節電効果の表示 パワーコンディショナから離れた室内で、発電状況や電力の売電・買電状況などの節電効果を確認することができます。

⑤屋内分電盤
電力を各電気機器に送る 家庭の各電気機器が使えるように電力を分配します。

⑥電力量計
売る電力と買う電力を区別した2つの電力量計 発電で生まれた余剰電力や不足して購入した電力を、それぞれの電力量計で計量します。

無料ご相談お問合せ

店舗情報

京セラソーラーFC野々市

野々市本社


大きな地図を表示